バフェットの法則

【実例】バフェットの投資先はどんな会社か?(バフェットの法則4章要約2)

バフェットの投資の実例の詳しい解説ってない?


この記事では、ウォーレン・バフェットの投資術を解説した本、『バフェットの法則』を紹介します。

内容としては、「第4章 9つのケースステディで学ぶバフェットの投資法」を要約した記事となります。


出典 Wikipedia 「ウォーレン・バフェット」 より

この記事で分かること

  •  バフェットによる投資実例を詳しく解説 3社「コカ・コーラ」「ゼネラル・ダイナミックス」「ウェルズ・ファーゴ」


この記事の信頼性

  • 「バフェットの法則」という本を丁寧に要約
  • 筆者 ロバート・G・ハグストロームさんは、長年のバフェット研究家
  • ロバートさん自身、バフェット投資術を使ったファンドを運用 

筆者の言葉を、大切に丁寧な要約を心がけました。


この記事を書いた人

  • 株式投資歴10年。バフェット本読書歴9年。
  • 大損してバフェット投資術に出会う
  • バフェット投資術実践中



この記事を読むメリット

  •  バフェットが何を考え、どう判断して投資したのか、バフェット研究第一人者による解説


本記事をご覧いただき、投資手法として取り入れてみてください。



第3章 12の原則で事業を買う

最初に、バフェットの法則12点を挙げておきます。

12個も覚えられないので、「ふ~ん、こんな感じか・・・」くらいでご覧ください。


バフェットの法則

事業に関する3原則

1. シンプルで理解できる事業か

2. 安定した事業実績があるかどうか

3. 長期的に明るい見通しがあるか

経営に関する3原則

4. 経営者は合理的か

5. 株主に率直に話せる経営者か

6. 組織の習性に屈しない経営者か

財務に関する4原則

7. 1株当たり利益ではなく、自己資本利益率を上げようとしているか

8. 「オーナー利益」を考えているか

9. 利益率の高い企業を探しているか

10. 1ドル利益を留保したら、企業の市場価値も1ドル以上あがるように心がけているか

市場に関する2原則

11. 事業の価値はどれくらいか

12. その事業を価値よりもはるかに安い金額で買収することは可能か




バフェット12の法則に関しては、詳しくこちらで紹介させていただきました。

ご参考までにどうぞ。

【要約】バフェットの法則 第3章 12の原則で事業を買う

この記事では、ウォーレン・バフェットの投資術を解説した本、『バフェットの法則』を紹介します。 内容は、「第3章 12の原則で事業を買う」を要約した記事となります。 バフェットが長年にわたって、磨き上げ ...

続きを見る

● 第4章 9つのケーススタディで学ぶバフェットの投資法 要約

この記事では、以下の会社の解説になります。

4. コカ・コーラ

5. ゼネラル・ダイナミックス

6. ウェルズ・ファーゴ






また、お時間のない方のために、ポイントを読んでいただけるだけでもいいようにしました。


4. コカ・コーラ

コカ・コーラとは

  • 世界最大の清涼飲料水メーカー。世界200ヶ国以上で500種類の飲み物を販売
  • バフェットは、子供のころにコーラを売る商売をしたことがある
  • 1989年にバークシャー・ハサウェイがコカ・コーラに投資
  • バークシャーのポートフィリオの3分の1にあたる。1つの企業にこれほどの投資をしたのはなかった(当時)
  • バフェットは、コカ・コーラ株を簿価5倍、利益の15倍で買った(1989年 バフェットは10億2,300万ドル投じた)

バフェットの株(バフェット銘柄)って言えば「コカ・コーラ」が超有名。

バフェットは、「チェリー・コーク」が大好物!

チェリー・コークって何?

日本では見たことない。

「うげっ!」ってなるくらいすごく甘い飲み物らしいよ





※ チェリー・コークは、以下のようなコーラです。ご参考までに。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) チェリー・コーク より


使われたバフェットの法則

1. シンプルで理解できる事業か

2. 安定した事業実績があるかどうか

3. 長期的に明るい見通しがあるか

9. 利益率の高い企業を探しているか

7. 1株当たり利益ではなく、自己資本利益率を上げようとしているか

5. 株主に率直に話せる経営者か

4. 経営者は合理的か

8. 「オーナー利益」を考えているか

6. 組織の習性に屈しない経営者か

11. 事業の価値はどれくらいか

12. その事業を価値よりもはるかに安い金額で買収することは可能か


1. シンプルで理解できる事業か

ポイント

  • コカ・コーラの事業は、比較的分かりやすい
  • 一般的な材料を購入し、ボトラー(瓶詰業者)に濃縮液を販売(コカ・コーラ原液)
  • ボトラーは、ほかの材料を混ぜて商品を製造。商品をコンビニ、スーパーなどに販売
  • コカ・コーラは、レストランやファストフードにも販売する


夏に飲む、キンキンに冷えたコーラはおいしい!

みんな知っていますよね、コーラ!

2. 安定した事業実績があるかどうか

ポイント

  • コカ・コーラほど、安定した実績をもつ企業はない(バフェット談)
  • 1886年にコーラを販売開始。130年経ち種類は増えたが、同じ飲み物。変わったのは、規模と地理的な広がり
  • コカ・コーラと肩を並べる企業を、挙げることは難しい(バフェット談)


コカ・コーラと肩を並べる企業を挙げることは難しい。

変わらない商品を販売し、コカ・コーラの記録に匹敵するスピードで売上げを伸ばせる企業はない

(バフェット談)


3. 長期的に明るい見通しがあるか

ポイント

  • 世界のトップ企業でありつづけることが確実な企業は、コカ・コーラ以外思い浮かばない(バフェット談)
  • 1970年代は、経営者ポール・オースティンのもと低迷。環境問題に悩まされ、事業の多角化に失敗
  • 1980年代に、ロベルト・ゴイズエタ会長とドナルド・キーオ社長のもとで進展した改革で復活
  • なぜバフェットは、1980年代に投資をしたのか?それは、2人の経営者の存在だった

ドナルド・キーオは、バフェットのご近所さんです


ロベルト・ゴイズエタ(キューバ生まれ。コカ・コーラ初の外国人CEO)が、改革のためすぐにやったこと。

  • 上級管理職を招集。話し合いをして、徹底的にコカ・コーラの悪いところの洗い出し
  • 「1980年代の戦略」というコカ・コーラの企業目的をまとめたパンフレットを作成
  • 管理職には「リスクをとれ」と励ました(受け身ではなく、仕掛けていく企業にしようとした)
  • コスト削減から手を付けて、利益率の改善に成功


9. 利益率の高い企業を探しているか

ポイント

  • 1980年の税引前利益率12.9%
  • ゴイズエタが指揮を執った初年に、13.7%に上昇
  • バフェットが株を買いだした1988年は、さらに上昇して税引前利益率は19%に


7. 1株当たり利益ではなく、自己資本利益率を上げようとしているか

ポイント

  • 1970年代低迷期でも、自己資本利益率は20%と高い数字だった
  • ゴイズエタの指揮のもと、1988年には、自己資本利益率31%に達した
  • 1980年時価総額は41億ドル、1987年時価総額は141億ドル(1987年10月に市場が大暴落にもかかわらず)
  • 留保した1ドルに対して、市場価値を4.66ドル増やすことに成功


低迷期でも十分高い、自己資本利益率20%。

しかし、ゴイエスタは満足しなかったとか

5. 株主に率直に話せる経営者か

ポイント

  • ゴイエスタの1980年代の戦略は、明らかに株主に配慮している
  • 「株主のために働き、投資を守り、平均以上の投資リターンを得られるように」(ゴイズエタ談)
  • 株主への配当をきちんと行いながら、利益の多くの部分を事業に再投資して企業の成長の維持に努めた
  • ゴイズエタの事業目的は明確「長期に保有している株主の価値を増大させること」


事業を利益を再投資して成長させながら、株主の投資の価値を上昇させる

  • 利益率と自己資本利益率を上げる
  • 配当性向を下げながら配当を増額させた
  • 高リターンの飲料ビジネスに特化


株主にも配慮し、事業も成長させるなんて・・・これはすごい・・・

4. 経営者は合理的か

ポイント

  • 改革により利益率の増加が、使えるお金を増やした(キャッシュフローの増加)
  • 株主への配当金を増やしながら、1984年には自社株買いも実行


8. 「オーナー利益」を考えているか

ポイント

  • オーナー利益(純利益+減価償却費-設備投資額)とは、簡単な企業の収益性を表す
  • オーナー利益は、1973年 1億5,200万ドル → 1988年 8億2,800万ドルに増加
  • コカ・コーラの総リターンは、1973~1982年(低迷期)年平均6.3%だったが、1983~1992(ゴイズエタ指揮)年平均31.1%


オーナー利益は、バフェットがよく使う数字。

簡単に企業の儲ける力が分かるとか。しかも、どんな業種でも使える。

6. 組織の習性に屈しない経営者か

ポイント

  • ゴイズエタは、組織の習性に屈しない経営者
  • 前任オースティンが広げた本業とは無関係の事業を処分し、核となるビジネス「原液販売」に回帰することに注力した
  • 同時期、同業他社は「多角化」に舵を切っていた。ゴイズエタは、単品ビジネスに回帰した(成功)


注目すべきは、ゴイズエタの決断

  • 最大かつ最も重要な製品に集中(原液販売)
  • 最も利益率が高い事業に、事業資源を再配分した(原液販売は利益率が高い)
  • 同業他社がこぞって「多角化」を進む中、コカ・コーラだけが違う道を選んだこと


みんなと違う道を一人で行くのは勇気が要りますよね

11. 事業の価値はどれくらいか

ポイント

  • コカ・コーラの価値は、事業から期待されるオーナー利益の総額を適切な利率で割り戻すことで測ることができる(バフェット談)
  • 1981~1988年にかけて、オーナー利益は年率17.8%で成長(長期国債の利回り9%)
  • 急成長する企業には、2段階の割引モデルを使う。その計算では、483億7,700万ドル、381億6,300万ドル、324億9,700万ドル、207億ドルの4パターンの計算


2段階の割引モデル(急成長はいつかとまるから)での事業価値の計算

最初10年間の成長率(急成長時)その後の成長率事業価値
15%5%483億7,700万ドル
12%5%381億6,300万ドル
10%5%324億9,700万ドル
5%5%207億ドル


成長率で2つに分ける「2段階」かぁ。

こんな計算の仕方もあるんですね

12. その事業を価値よりもはるかに安い金額で買収することは可能か

ポイント

  • バフェットが投資した10億2,300万ドルは、1999年には116億ドルに大きく増加した
  • 1988~1989年コカ・コーラの時価総額は、平均151億ドル
  • バフェットの見立ては成長率に合わせて4パターン。オーナー利益の成長率5%で207億ドル、10%で324億ドル、12%で381億ドル、15%で483億ドル


バフェットにとって、コカ・コーラは、会社が繁栄を続けたため、割安で買うチャンスはなかった。


みんなの目には151億ドル。

バフェットの目には多くて483億ドル、少なくても207億ドルと見えていたんですね。

5. ゼネラル・ダイナミックス

ゼネラル・ダイナミックスとは

  • 全米2位の防衛産業で軍産複合体。アメリカ軍にミサイルや防空システム、F16戦闘機など販売
  • 1991年ベルリンの壁崩壊 1992年ソ連崩壊を経て、アメリカ軍は、強力な軍事兵器の必要性が低下(ゼネラル・ダイナミックスにとって新たな局面に)
  • 1991年 ウィリアム・アンダースがCEOに就任
  • 防衛産業が変革期を迎えており、大胆な施策が必要であると気づく(アメリカ軍の防衛予算の縮小に伴い、それに合わせて規模縮小か他の分野へ乗り出す)


お得意様は、アメリカ。

しかし、そのお得意様も、冷戦が終わり、兵器をたくさんもつ必要がなくなったのです。


使われたバフェットの法則

6. 組織の習性に屈しない経営者か

4. 経営者は合理的か


6. 組織の習性に屈しない経営者か

ポイント

  • 防衛産業をコンサルタントに調査を依頼。防衛産業が他分野の産業を買収しても80%の確率で失敗すると判明
  • ウィリアム・アンダースは、抜本的な合理化が必要と判断
  • ビジネスの核となる事業だけを残し、それ以外をわずか半年で次々に事業の売却
  • 事業売却で得たお金を株主のために使うと宣言。借入金返済など企業の体質強化をした後で実行した


1991年に経営者になった、ウィリアム・アンダース。

ウィリアム・アンダースが、まっさきに行ったこと。

それは、「防衛産業をコンサルタントに調査を依頼すること」だった。


調査で分かったことは、大きく2点。

  • 防衛産業が、他分野の産業を買収しても、80%の確率で失敗すると判明
  • 生産能力が過剰なままでは、効率的な経営はムリ


そこで、ウィリアム・アンダースは、4つのコアビジネスに集中することを考えた。

  • 「潜水艦」
  • 「戦車」
  • 「軍用航空機」
  • 「宇宙システム」

4つは、市場でトップシェア。

それ以外の事業は、売却。


わずか半年で、次々と・・・決断も早いが、実行力もすごい!

4. 経営者は合理的か

ポイント

  • バークシャーの投資案件で「ゼネラル・ダイナミックス」ほど分かりにくいものはない
  • バフェットは当初は、長期保有するつもりはなかった
  • バフェットは、ウィリアム・アンダースの経営能力を高く評価し、長期保有に切り替えた
  • ウィリアム・アンダースは、のちに軍用航空機と宇宙システムも売却。その売却資金で株主に配当金を渡した


「分かりやすい事業ではない」、「安定した実績もない」、「長期的に明るい見通しもない」

なぜ、バフェットは投資に踏み切ったのだろうか?

実は、バフェットは、ゼネラル・ダイナミックスを長期保有するつもりがなかった。

そのため、財務や事業の条件をつけなかった。


(ゼネラル・ダイナミックス株は)多少の利益を得て、早期に売るつもりだった(バフェット談)


その後バフェットはウィリアム・アンダースの経営者として高く評価。

長期保有に切り替えた。


ウィリアム・アンダースは、当初コアビジネスと見ていた「軍用航空機」「宇宙システム」は売却。

その売却資金を、株主に配当金として数回にわたり、渡した。


他の事例と違い、バフェットは、短期投資のつもりだったようですね

6. ウェルズ・ファーゴ

ポイント

  • カリフォルニア州サンフランシスコに本社がある銀行
  • 1990年 バフェットは2億8,900万ドルで株を取得
  • 1990年は、景気低迷でウェルズ・ファーゴの株も安かった
  • バフェットは、過去の経験から銀行ビジネスを熟知していた
  • 1969年に銀行株を取得。保有銀行のトップ ジーン・エイベックから銀行ビジネスを学んだ


責任をもって貸付を行い、コストを切り詰れば、銀行業は儲かる(バフェット談)


使われたバフェットの法則

3. 長期的に明るい見通しがあるか

4. 経営者は合理的か

11. 事業の価値はどれくらいか


3. 長期的に明るい見通しがあるか

ポイント

  • 銀行業は、失敗する可能性がある
  • 経営者がしっかりしていれば、銀行業は平均以上に儲かる
  • 保険と同じで「汎用品ビジネス」である
  • ウェルズ・ファーゴには、とびきり優秀な経営者が2人いる


銀行業は、失敗する可能性のあるビジネスである。

その原因は、「経営者の過ち」。

愚かな貸し付けをすることが、その原因が大半である。


銀行は、資本の20倍の規模の資産を持つ。

小さな金額の過ちでも、大きなインパクトを与える。


銀行業は、

  • 経営者がしっかりしていれば、すごく儲かる
  • 同業他社と差別化が難しい、「汎用品」ビジネス
  • 汎用品ビジネスがゆえに、経営者の行動が、企業間の大きな違いになることが多い

ウェルズ・ファーゴは、2人の優秀な経営者が率いる。

カール・ライカートとポール・ヘイゼンのペアである。


銀行の商売のキモは、「愚かな貸付け」かぁ。日本でも当てはまりそう

4. 経営者は合理的か

ポイント

  • 1983年に会長になったカール・ライカート。バフェットが高く評価する合理的な経営者
  • ライカートのコスト管理は伝説の域。一度下がったコストが上がることはなかった
  • 1991年 金融監督庁より貸倒引当金を2回求められた。それを恐れた投資家により一時株価は低迷


1990年 バフェットがウェルズ・ファーゴ株を買った時の状況

  • カリフォルニア州が不況
  • ウィエズ・ファーゴの商業用不動産貸付は、全米で最も高い
  • 不況により、銀行貸し付けの多くが返済されないと株のプロの多くは予想した
  • 金融監督庁も、ウェルズ・ファーゴに対して貸倒引当金を求めた


金融監督庁が指示した貸倒引当金の要求は、実際に貸倒が起きても備えるようにするためである。

しかも、金融監督庁から指示のため、投資家は非常に現実味があるシナリオだと恐れた。


厳しい状況の中、ウェルズ・ファーゴに投資したバークシャー。

投資はトントンだった。


カリフォルニアの不況の厳しさも、ウェルズ・ファーゴの不動産貸付の問題の大きさも、軽く見すぎていた。(バフェット談)


11. 事業の価値はどれくらいか

ポイント

  • 貸倒引当金を除外して考えると、ウェルズ・ファーゴは大きな収益力を持つ企業である
  • バフェットの見立て 1989年 ウェルズ・ファーゴの事業価値は66億ドル バフェットは30億ドル投資した
  • 貸付の問題を考えれば、ウェルズ・ファーゴの未来は疑われていた
  • バフェット、相棒チャーリー・マンガーもライカートの経営手腕に太鼓判を押した


「ウェルズ・ファーゴが、最悪1年間利益が出なくても、悲惨と言うほどでない」と結論。

1年間利益が出なくても、その後20%の利益を生み出して資本が増える企業だ(バフェット談)


一番気にしたのは、

「リスクの高い貸付をするのは、愚かな銀行員。ライカートは、愚かな銀行員ではない」

そして、1993年には投資は報われた。


銀行の事業評価って難しくないですか?どの銀行もやっていること同じで差別ができないんで・・・

まとめ

いかがでしょうか?

まとめてみます。


バフェットらしい投資「コカ・コーラ」、法則からはみ出たような「ゼネラル・ダイナミックス」。

ガチガチに型に当てはめず、柔軟に投資をしている姿がよくわかりますよね。


● 第4章 9つのケーススタディで学ぶバフェットの投資法 要約

4. コカ・コーラ

コカ・コーラとは

・ 世界最大の清涼飲料水メーカー。世界200ヶ国以上で500種類の飲み物を販売

・ バフェットは、子供のころにコーラを売る商売をしたことがある

・ 1989年にバークシャー・ハサウェイがコカ・コーラに投資。

・ バークシャーのポートフィリオの3分の1にあたる。1つの企業にこれほどの投資をしたのはなかった(当時)

・ バフェットは、コカ・コーラ株を簿価5倍、利益の15倍で買った

使われた法則一覧

1. シンプルで理解できる事業か

2. 安定した事業実績があるかどうか

3. 長期的に明るい見通しがあるか

9. 利益率の高い企業を探しているか

7. 1株当たり利益ではなく、自己資本利益率を上げようとしているか

5. 株主に率直に話せる経営者か

4. 経営者は合理的か

8. 「オーナー利益」を考えているか

6. 組織の習性に屈しない経営者か

11. 事業の価値はどれくらいか

12. その事業を価値よりもはるかに安い金額で買収することは可能か




5. ゼネラル・ダイナミックス

ゼネラル・ダイナミックスとは

・ 全米2位の防衛産業で軍産複合体。アメリカ軍にミサイルや防空システム、F16戦闘機など販売

・ 1991年ベルリンの壁崩壊 1992年ソ連崩壊を経てアメリカ軍は、強力な軍事兵器の必要性が低下(ゼネラル・ダイナミックスにとって新たな局面に)

・ 1991年 ウィリアム・アンダースがCEOに就任

・ 防衛産業が変革期を迎えており、大胆な施策が必要であると気づく(アメリカ軍の防衛予算の縮小に伴い、それに合わせて規模縮小か他の分野へ乗り出す)

使用した法則一覧

6. 組織の習性に屈しない経営者か

4. 経営者は合理的か




6. ウェルズ・ファーゴ

ウェルズ・ファーゴとは

・ カリフォルニア州サンフランシスコに本社がある銀行

・ 1990年 バフェットは2億8,900万ドルで株を取得

・ 1990年は、景気低迷でウェルズ・ファーゴの株も安かった

・ バフェットは、過去の経験から銀行ビジネスを熟知していた

・ 1969年に銀行株を取得。保有銀行のトップ ジーン・エイベックから銀行ビジネスを学んだ

・ 「銀行業のキモは、責任をもって貸付を行い、コストを切り詰れば、銀行業は儲かる」(バフェット談)

使用した法則一覧

3. 長期的に明るい見通しがあるか

4. 経営者は合理的か

11. 事業の価値はどれくらいか




ご参考までに

DVDもあります

-バフェットの法則